スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

「そっか…」
秀護の話を聞き、それだけ呟いた。同情をしなかったと言えば嘘になる。だけど、俺にはどんな言葉をかければいいのか…解らなかった。
きっとどんな言葉もそれは慰めの意味を持たないだろう。ましてや今日出会ったばかりの俺の言葉など…
「住所は分かるんだな?」
「うん、手紙も持ってきたし…」
そう言って後部座席に置いてあった鞄をとるとガサゴソと中を漁り、一枚の手紙を取り出した。
「ちょっと貸してくれ」
手紙を受け取ると、キーを回しエンジンをかける。そしてカーナビに住所を打ち込み地点登録をする。
「今日はもう遅いし、明日にしような」
手紙を秀護に差し出しながら微笑んだ。なぜか秀護は手紙を受け取らず俺の顔を眺めていた。
「ど、どうしたんだよ?」
妙に力強い瞳に気圧されてしまい、少し戸惑う。そして秀護はいつもの笑顔を浮かべると、手紙を受け取る。
「やっと笑ったね」
その言葉を聞いて、照れくさいような…恥ずかしい気持ちになった俺は秀護の頭を小突いた。
「大人をからかうんじゃねぇよ」
叩かれたというのに屈託の無い笑顔を見せてくれて、反省した素振りは見せなかった。俺も本気で怒っていたわけではないけども。
「とりあえず、飯でも食いにいくか」
「うん!」
俺達は海を後にして、市街地に向けて車を走らせた。

more...

プロフィール

キイト

Author:キイト
名前 キイト(由来は特に無いです

性別 男性

年齢 二十歳以下です

これでもある球技で全国でてます。ちなみに主将。
唯一の自慢できることでした。

好きな物はバイクやゲーム。
最近ちょっとオタクに近づいてたりします。萌えー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。