スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2

―今なら中に入っても誰も居ない

心の中でそう呟いて見知らぬ家の敷居を跨ぐ。「お邪魔します」と律儀に小声で挨拶をして靴を脱ぐ。そして一番手前の部屋に入った。
その部屋は居間らしく、液晶テレビに座り心地の良さそうなソファー、そして硝子のテーブルの上には一枚の封筒が置いてあった。
俺はその封筒に手を伸ばすと封を開けて中身を確認する。運が良かった。中には慶應義塾の創設者が五人も入っていたのだ。
俺は手に持った五万円を握り締めダッシュでその家を後にした。家に着くまでの間、一度も減速することもなく一気に走り抜けた。
まるでリレーの走者の様に手をブンブンふり、太ももが胸に着くぐらい足を上げた。手にはバトンではなくお金を握っていたのだけれど。

四畳半のお世辞にも綺麗とは言えない自室で、俺は先程盗んだ五万円をちゃぶ台に並べた。
バイトの時給が850円。俺は今、実に58時間分の給料をたった数十分で手に入れた。
しかし俺の頭の中は不安で一杯だった。自慢ではないが俺は今まで犯罪なんて犯した事はない。それこそ真面目な子供として周りからは評価されていたのだ。
ほんの少し前までは犯罪には手を染める事など考えてもいなかった。

more...

プロフィール

キイト

Author:キイト
名前 キイト(由来は特に無いです

性別 男性

年齢 二十歳以下です

これでもある球技で全国でてます。ちなみに主将。
唯一の自慢できることでした。

好きな物はバイクやゲーム。
最近ちょっとオタクに近づいてたりします。萌えー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。